ブログトップ

部族の絨毯と布 caffetribe

caffetribe.exblog.jp

部族の絨毯と布

注目すべき人々との出会い。

グルジェフの「注目すべき人々との出会い」そのままに生きた青年が逝った。

この世界の先駆者として多くの若者を引っ張ってきた男と、最も若くてこれからを嘱望された若者が相次いで
はるか遠くへを旅立った。

あまり多くを語ることは出来ないが、彼らの残したものは大きく深い。

亡くなる2週間ほど合った時の言葉が耳から離れない。
スーフィーとは何か、これまでに聞いたり、読んだりした事の中で最も解りやすく本質を突いていた。

半分ほどの年の若者から、こんな言葉を聞くとは・・・。
もう一度ゆっくり話をしたいと思いながら、それは叶わぬこととなった。

でも彼は素晴らしいブログを残していた。

『白山駅のブログ』

それはある時は軽やかに、ある時はどろどろと重く彼そのそものとして響いてくる。

〜〜

『過酷な運命が私を裏切ったのではない

美しい真実を私が裏切ったのだ

私は自分自身と自分の運命を信じる

そしてそのことがまさに自分自身を形作っていく』

〜〜

イスラムの神秘詩人やスーフェ音楽の詩が映像と共に散りばめられている。

2007年12月から2011年7月まで
そこには矢のように生きた彼の『注目すべき出会い』が残されている。
[PR]
by caffetribe | 2011-08-01 00:02 | 出会いの旅