ブログトップ

部族の絨毯と布 caffetribe

caffetribe.exblog.jp

部族の絨毯と布

裁判官の娘とよばれる絨毯-2

バルーチ族の住む地域
現在バルーチ族はイランのホラサーン地方からイランアフガンの国境シスターン地方
そしてアフガニスタン西南部からパキスタンのバローチスタンに渡る広い地域で生活しています

a0051903_21481142.jpg


裁判官の娘と呼ばれる絨毯 (つづき)


バールリ氏族の彼はスーフィー(祈祷師)のあらゆる技を使って彼女との結婚の許しを得ようと試みます。彼に会えない娘は独り閉じ籠もって絨毯を織り続けていました。ところがなんとその間に織られた絨毯の文様は彼女の部族のものではなく、彼の部族にまつわる文様やこれまでに見たことのない、皆に愛を伝えるようなの美しい文様だったのです。それを見た裁判官の父親はついに二人の仲を認めたというのです。彼の思いが彼女に美しい愛の溢れる文様の絨毯を織らせたのです。
この話はバルーチ絨毯愛好家のジェリー・アンダーソン氏も記事に書いています。
その後の話として、その時に彼女は23枚の絨毯を織り、その娘達が母親に習ってその後に織ったものが70枚あるということです。その絨毯こそが本物の『裁判官の娘の絨毯』ガリィ・ドクトレ・カジィと呼ばれているそうです。
a0051903_222512.jpg
この話を現地の絨毯やから以前にも聞いた事がありました。その内容は上の話とは少し違っていました。次回はそれをのせたいと思います。

先住民族や少数部族の神話や祭りに象徴として現れる生命樹。水の少ない土地では、樹木はオアシスの潤いを意味する。天と地をつなぐものとしてネイティブアメリカのトーテムポールなども同様に信仰の対象になる場合が多く、世界各地で見られる。


バルーチ族の好きな文様『生命の木』

[PR]
by caffetribe | 2006-02-23 22:06 | 部族の絨毯について。