ブログトップ

部族の絨毯と布 caffetribe

caffetribe.exblog.jp

部族の絨毯と布

ラマダンの夜(クエッタ~ニチャラ村へ)

W大学のM先生のおかげで、大歓迎を受け結婚式の祝宴やバロチスターン大学の先生の招待など連日連夜のご馳走で大満足し、地元のパシュトゥーン族の絨毯商の義理のおじさんのもつバーグ(庭園)で夜のパーティなど夢のような日々を過ごしていたクエッタの日々であった

a0051903_2025740.jpg

パシュトゥーン族の絨毯商と彼の友人達と、アメリカの日本における基地や広島・長崎などについて激しい議論を交わしていた翌日に、ニューヨークの同時多発テロのニュースを当事者に近い考えの彼らからその知らせを聞いたのは、あまりにも皮肉であった。

複雑な表情を浮かべながらも,彼らは暴力と無差別な自爆テロは好くない事であると言った。

翌日、M先生と共にバロチスターン南部へ民族と民俗音楽の調査に同行する事になった。
a0051903_20255753.jpg

この旅では、予想もつかない多くの出来事に遭遇しこれまでの旅でも最もスリリングでエキサイティングなものであったが、そのひとつは本物のオリジナルバルーチ族(ブーラーフィー系)に遭遇した事であった。
a0051903_20281695.jpg

手前右下に座っているおじいさんを偶然にもピックアップトラックの荷台に乗せた事がきっかけで、次々と表れた遊牧民の家族計20名ほどを荷台に乗り込ませ、おまけに連れていた3頭のラクダが勢い良くトラックの前を先導するという場面にでくわした。
a0051903_20315842.jpg

華やかな刺繍飾りを胸と袖口に縫いつけた民族衣装のブーラフィー族の少女。

60キロのスピードで走るラクダの後をしばらく追いかけて、二股の分かれ道で彼らとは分れたが、その後3年前に尋ねたと言うM先生の音楽調査に同行し。

見事なバローチ音楽の真髄に触れる事が出来たのだ・・・。
a0051903_2037201.jpg

    サローズタンブーラを中心にしたバローチファミリーユニット演奏は真夜中まで延々と続いた・・・。

今晩の諏訪市文化センターの演奏を皮切りにイスラム・ミュージックの旅路『ラマダンの夜』がスタートします。クルド族のナゼーリ氏の時と同様会場のじゅうたんを提供しました。
[PR]
by caffetribe | 2006-09-30 20:44 | 出会いの旅