ブログトップ

部族の絨毯と布 caffetribe

caffetribe.exblog.jp

部族の絨毯と布

小さな袋物展

 今年のイラン~トルコの仕入れでは、たくさんの小さな袋ものに出会うことが出来た。
     
a0051903_12501190.jpg

小さくても部族のオリジナリティがたっぷりと織り込まれたものを集めました。

☆まず、部族の袋物にはどのようなものがあるのでしょうか?

 1.ジュワル―もしくはチュワル-トルコ系部族の衣服や穀物などを入れる大型の袋もの
 ……アフガン~中央アジアのトルクメンやトルコのユンジュなど
 【これはけっこう大きいので今回は展示しませんでした。】

  2.サドルバック―(倉掛袋) ラクダ・ロバ・馬などの背に乗せる振り分け式の毛織物
……遊牧系部族の多くが作る。部族の特徴が良く出る。

a0051903_12551127.jpg

これはイラン南部ファルス州からケルマーン州にかけ遊牧するアラブ系ハムサ連合の人達の織ったサドルバック(パイル)の片側です。
    

 3.マフラシュ-(寝具入れ袋)立方体の布団袋ほとんどがペアー(一対=ジョフテで織られラクダのこぶの両側に振り分掛けられる。
……イランのシャーセバン族、アフガンのウズベク族など。
     
a0051903_1363746.jpg

これはシャーセバン族のものですが、一般的にはマフラシュのサイドパネルと呼ばれるもので、箱状のマフラシュの側面の部分です。織りは典型的なスマック。

4. 塩入れ袋-岩塩入れ 家畜に貴重な塩を舐められないようにする、壺のような袋。
 ……首の部分が細くなった、独特の形。イラン~アフガンの部族に多い。
 
a0051903_1395257.jpg

これもおそらくシャーセバン族のものと思うのだが、はっきり解らない。
シャーセバン族は、キリム(綴れ)・スマック織り・ジジム(縫い取り織り)などの技法を得意とする部族でパイル(絨毯)の技法は極めて少なく塩入れも少ない
a0051903_13145062.jpg

 この塩入れは表もさることながら裏の味わいに惹かれてしまった。

5.チャンテ―お金、ジュエリー、化粧道具、タバコなど大切なものを保管する子型の袋。
……おおよそ20センチ四方程度の小さなものだが各部族とも凝ったものが多い。

☆今回はこのチャンテと呼ばれる小さな袋物に注目して展示してみた。

a0051903_13172154.jpg


バルーチ族 これはホラサーン地方(イラン北東部)のバルーチの典型的な色彩とモチーフである。サイズ20x15cm 紋織り+縫い取り織り。

a0051903_13195862.jpg


このチャンテもどこの部族か微妙であるが、おそらくイラン南部のアフシャール族ではないだろうかと思う。表はパイルで裏がキリムになったいるのだが、裏の綴れの感じが、ナンを包むソフレなどを多く作るアフシャール族の雰囲気だ。30x25cm

a0051903_1323214.jpg


これもチャンテらしい味わいのあるもの。おそらくイラン西部のザクロス山脈をテリトリーとするルル族のものではないだろうか?ルルは大きな部族集団で大ルルの中の、バフティーヤリー、ママサニールルなどのイール(部族)もしくはタイーフェ(支族)のものかもしれないが・・・・。
なんともいえない味わいで気に入っている。25x20cm

     
a0051903_13323220.jpg


これは両面がパイルのおそらくカシュガーイ族のチャンテを広げたもの。
最初はこうして両面を続けて織り、後で半分に折りたたんで、両側をかがって袋のの状態にする。これは両面が赤白のおめでたい感じのチャンテだ。30x15cm

      
a0051903_1336781.jpg


このチャンテはどこの部族かわからないが、絵は子供が描いたようで上手とはいえないがなんとも愛らしい雰囲気を持っている。
ボテのようだが、おたまじゃくしのようだし、何だかわからないが動物のような形が周りを取り囲んでいる。 20x20cm

5.トルクメン族に見られる様々な形の袋もの。 トルバ、ジャラー、オクバシュ、など。

  
a0051903_13454935.jpg

    
これはトルクメンのヨムート族のガショークダンと呼ばれる袋もの。ガショークとはスプーンのことで、ダン=ダーンは入れ物。ちなみに上の塩入れ袋は、ナマク=塩、入れ物=ダンナマクダーンとなる。
トルクメン族はやはりすごい。生活のありとあらゆる道具を絨毯で作ってしまうのだ。他の遊牧民のガショークダンはキリムやマクラメなど、通気性の良い技法が使われるのに・・・。

  
a0051903_13543981.jpg


     
[PR]
by caffetribe | 2007-09-23 13:57 | 展示会あれこれ