ブログトップ

部族の絨毯と布 caffetribe

caffetribe.exblog.jp

部族の絨毯と布

トルクメン絨毯に関してⅢ(アムダリア川沿いの人々)その1

     しばらく前のトルクメン絨毯に関してのICOC(国際絨毯会議)のアカデミック
     セッションの続きである。

a0051903_1923208.jpg


      『川沿いのトルクメン族』 (アムダリア川中流域の部族のモザイクについて。)
      中央アジアのアムダリア川流域のトルクメン族の織物について、これまで
      『エルサリ族』もしくは*『ベシール族』として間違って言及されてきた絨毯に
      焦点をあて、100枚を超える絨毯の資料の中から、均一でなくモザイクの
     ような多様性のあるこの地域の絨毯世界に新しい分類を加えた画期的な報告
     会がであった。

a0051903_19234653.jpgこの地域の地理や民俗に詳しいPeter氏によるアムダリア川中流域の地域的説明の後で、世界有数のトルクメン絨毯コレクターでもあるElick氏の袋もの(トルバおよびジュワルなど)コレクションの写真を見ながらの大変に中身の濃いレクチャーであった。
まずは、彼らのいうこの地域『Lebab トルクメン』の典型的な絨毯のモチーフを7つに分類していた。
1.トルクメンの伝統的なモチーフ(ウエスタン・クラシック)

2.クラシックモチーフを川沿いトルクメンが改良したもの

3.『空飛ぶガチョウ』のモチーフ。

4.格子状のモチーフ。

5.ミナカリ文様など見られるペルシア絨毯などから影響を受けたモチーフ。

6.花・植物・ボテ(ペーズリー)などのモチーフ。

7.東洋(中国など)からの影響を受けたモチーフ。
      

      この分類については、かなり議論もあるようだが、Elick氏のコレクションには
      確かにこのような文様の絨毯類が見られた。これまでに見たことのあるものから
      初めて見るものまで幅広かった。


a0051903_19372596.jpg

a0051903_19293542.jpg

a0051903_1930526.jpg

a0051903_19321017.jpg

a0051903_19332016.jpg

a0051903_19341179.jpg


会場で行われたプロジェクターによる映像が写真に上手に取れなく、また処理もわるいので
お見苦しいのですが、どの袋物(トルバやジュワル)がどの分類にあたるのか?

かなりマニアックな世界でした・・・。
[PR]
by caffetribe | 2008-02-08 19:28 | 部族の絨毯について。