ブログトップ

部族の絨毯と布 caffetribe

caffetribe.exblog.jp

部族の絨毯と布

シャーサバンのキリム展を終えて。

a0051903_1755010.jpg
  
今回は2週間という少し長めの展示であったためゆっくりとしたペースで展示を行うことが出来たように思います。
a0051903_17494266.jpg

このブログを見て来ていただきバルーチ族のラグを気に入って頂いた方もいらっしゃいました。
ありがとうございました。とても励みになりました。

会場にいらして頂いた方にはお渡ししたのですが、シャーサバン族はどんなタイプの毛織物を織るのか、またどのような特徴をもつ織りや技法を持っているかを少し紹介したいと思います。

《シャーサヴァン族の毛織物の機能分類》
a0051903_17562394.jpg


1.マフラシュ(寝具入れ袋)欧米では,赤ちゃんの揺りかごとも呼ばれることもある。

布団や毛布などの寝具をメインに、掛け布やキリム・絨毯の敷物等遊牧民の移動の際に最もかさばる大型の所持品をラクダのコブの両側に掛けて運ぶための袋物。

 長いほうの側面部分と底、短い方の側面2枚の3枚が一組で、平面として織り上がったものを後で底と両脇を纏り縫いして箱状に仕上ています。
a0051903_175755100.jpg

この上の写真はとても珍しく、切り離す前の短い方のサイドパネル(側面)は付いたままの形状で残っていたものです。

テントの中では様々な道具や衣類小麦などの生活に不可欠なものを収納する箪笥や棚のような役目を果たしています。
また四方を紐で繋ぎテントの天井から吊り下げると揺りかごにもなるという 大変に多目的な用途を持つ毛織物の袋がマフラシュです。
a0051903_1804766.jpg

2.鞍掛袋=ホールジン(サドルバック)…↑主にロバなどの動物の背にかけて両側に振り分けて荷物を入れる袋。大型のものはラクダや馬に小ぶりなものはロバなどに乗せて使用する。袋の留め口は綴れ織りで紐を編みこんで中身が飛び出さないような工夫が見られる。
a0051903_184911.jpg

3.塩入れ袋―ナマクダン(ソルトバック)… ↑家畜をコントロールするのに欠かせない塩を収納する遊牧民には欠かせない袋で、家畜に舐められないように口の部分が、細くなっている。

a0051903_1811298.jpg

4.雑用袋=チャンテ(バニティバック)・・・↑遊牧に出かける際にはナンなどのお弁当を入れたりや
男性は煙草などの嗜好品、女性は化粧道具や装飾品などを
収納するいわゆる小物いれ。サドルバックや塩入れ袋などと同様に表側には部族を象徴する
モチーフが織り込まれるが裏側は縞模様が多い。

a0051903_16112674.jpg

↑は典型的な綴れ織りのいわゆるキリム。モチーフが大胆で遠目からも良く目立つ
3.敷物・・・・シャーサヴァン族は他の部族と比べてあまりパイル
(絨毯)の敷物を織らない事が知られている。
どうしてパイルが少ないのかは良くわからながイラン人の部族じゅうたん研究家Palviz Tanavoli氏の調査では、19世紀まではパイルの絨毯が織られていたが、20世紀始め頃から大変に少なくなり最近では、マーケットではほとんど見つけることが出来なって
来ていると記している。
これは想像に過ぎないが、持ち運びに重いため山岳地域の移動が多いシャーサヴァン族の遊牧生活に適さないために織らなくなったのかたんにパイル(結ぶ)という技法をこ好まないのかは良くわかっていない。

a0051903_16183619.jpg

↑はおそらくシャーサバン族のパイル(絨毯)タブリーズの古い絨毯バザールで見つけたが
細長いサイズだったためあきらめたが 今思えばどうして購入しなかった のか後悔している。

a0051903_16235497.jpg

4.掛け布・・・↑シャーサヴァン族のもうひとつの評価の高い毛織物としてジャジムと呼ばれる多目的に使用される毛織物がある。
                        
タテ糸紋織りの技法による細幅の反物のような毛織物がジャジム。何枚かを繋ぎ合わせ幅広の毛織物にしてテント内の間仕切り布団隠し、毛布、敷物、風呂敷、動物に荷物を乗せその上に被せるためなど多目的に使用される。

a0051903_16282124.jpg

5.動物の飾り&紐類・・・↑

遊牧民にとって欠かせないのが家畜であり家畜は家族のように大切な存在である。
それらの家畜を見分けたり、婚礼の際などに飾るための装飾品も毛織物で作られる。
また同様にテントを組み立てる際に必要なテントベルト、動物に荷物を積むための荷紐も
凝った織りが施される。  

『会期中お世話になったぎゃらりぃの方、見に来て頂いた方はたいへんに感謝しています。』

上の2枚の遊牧生活の写真は( Nomads of Iran) M.R.BAHARNAZ 氏の写真集から
の引用です。

《参考文献》
( Nomads of Iran) M.R.BAHARNAZ 写真
 『SUMAK BAGS』 John T. Weretime著

                
[PR]
by caffetribe | 2008-03-25 18:16 | 部族の絨毯について。