ブログトップ

部族の絨毯と布 caffetribe

caffetribe.exblog.jp

部族の絨毯と布

<   2006年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

a0051903_1295030.jpg
そもそもキリムとは何?
「キリムのある素敵な暮らし」主婦の友社プラスワンリビング別冊にあるキリム事典によれば、
「キリムとはトルコ語で『平織り(つづれ織り)の技法で織られた、羊、山羊、ラクダなどの毛の織物』とあります。こうしてみるとキリムは織りの技法名ということも出来る、ちなみにパイル構造=絨毯とは違う平織りのグループに、ジジム・スマック・ジリ・ブロケードなどの様々な技法があり、これらをキリムと呼べるかどうかは難しいところだ。厳密にはつづれ織だけをキリムと呼ぶという人もあれば、これら多くの平織りをキリムと呼んでもかまわないという人もある。

a0051903_12104278.jpg
また、地域によっても呼び方は違う。イランではギリムもしくはゲリムこれはテヘランと地方(訛り)によって違うようだ。
アフガニスタンでもはゲリムとかケリムとかに聞こえる。
カスピ海の東西地域の西側コーカサス地方と東側のトルクメン地域ではパラス(特に大型サイズのもの)と呼ばれているし、北アフリカではハンベルと呼ばれることもあるようだ。

語源については良くわかってはいないようだが、古いトルコ語に詳しいH氏によるとトルコ語のルーツにキリムという語源は見つからず、イランやアフガンのなまったような(ギ)もしくはゲリムという言葉が、前回紹介したシュメール語の伝統を引き継ぐといわれるマーシュアラブ(沼地のアラブ人)達の使う(葦を巻く)という行為ギリームに近いのかも知れない。




はつりのない綴れ織り(横糸が絡まない)

a0051903_12123535.jpg

これも綴れ織りの技法ですが、横糸間のはつりが出ないように、同一の縦糸に糸を掛けるという
技法です。これによってはつり(穴?)がなくなり強度が出るようです。
イラン系の遊牧民にこの技法が多く見られます。
しっかり撚られた丈夫な糸でこれを行うと少し重ねた部分が少し盛り上がった感じがします。


インターロック(横糸を絡める)
これも前の綴れと同じようですが、横糸どうしを絡める点が違います。前の技法よりさらに強度は
強くなります.重なる場所違う色糸の場合少しすっきりしない感じはありますが,使い込んで馴染ん
でくるとやはりその部分から裂けたり穴が広がったりしないので安心感があります。
やはり南イランなどの移動距離が長く砂漠などの環境に厳しい地域の部族に多く見られます。 
   
シングルインターロック
上の技法で一段の横糸に一段の横糸を絡める技法。

ダブルインターロック 同様の技法で二段づつの上下の段を絡める方法。
 さらに強度がでて丈夫なものになります.アフガニスタンのウズベクキリムや移動距離の
 長いことで知られるイランのバクチアリ族などにもよくこの技法がみられます。



a0051903_15581416.jpg
シングルインターロック(ヨコ糸を絡める)
[PR]
by caffetribe | 2006-10-27 12:24 | 毛織物の技法
a0051903_16265583.jpg遊牧系部族の人たちは、かなり古くから羊の毛を加工して様々な道具として、生活の中に取り入れて来たようだ。例えばクルド族の人たちは、おおよそ7000年もまえから、羊を飼いその毛から糸を紡ぎ、毛織物にしてきたといわれている。
もちろんその当時の毛織物はほとんど風化してしまって発見するのは難しい。

トルコ人のキリム研究家が、来日した時の講演会のスライドで10000年前に織られたという平織りの毛織物の断片を見せてもらったが、どうも本物か疑わしかった・・・。
絨毯ではかの有名な、サカ族の墓から出土したパジリク絨毯(2400年前)があるものの、キリムではそれほど目だった(状態の良い形での)発見はされていないようだ。
むしろ綴れ織という技法では、アンデスなどの南米地域ではなぜか平気で2000年ほど前の綴れ織のマントなどが出土しているが・・・。

ではどうしてこの西アジア~小アジア地域で毛織物がたくさん織られていたことが解るかというと、羊の毛を刈るための道具が多数出土している。この毛を刈るための石器は板状スクレイパーと呼ばれているが、ヨルダン南部などのカア=アブ=トレイハ遺跡などからも多数出土しているようだ。おそらくベトウィンと呼ばれる遊牧民のものであろう。
このあたり(ヨルダンあ~シリア)については【写真でイスラーム】のブログで詳しく見ることが出来る。

また現在のトルコ語と考えられている『キリム』という言葉も、トルコの歴史に詳しいH氏が言うには元々のトルコ語の起源にキリムという言葉は見つからず、イランでよく使われるギリムが語源かも知れないという事であった。
以前紹介したイラクのマーシュアラブの部分でシュメール人が表した粘土版に表記された最古のシュメール語に葦を巻くという動作をギリームとしていたという事があり、おそらく何かの素材を巻きつけて織りものないしは、葦舟や葦の家を作るのに使われたのかもしれない。





a0051903_16564984.jpg

という事で、これが最も典型的な綴れ織り、ハツリが入っているもので、欧米などではタピストリーウィービングとばれるのもである
a0051903_16584169.jpg

上の部分の技法図。
a0051903_16594476.jpg


今後すこしづつ技法についても紹介して行きたく思います。
[PR]
by caffetribe | 2006-10-18 17:00 | 毛織物の技法
a0051903_19143595.jpga0051903_1932323.jpg今回の展示会を行うきっかけとして、ここ10年ほどで集めたSiirtと呼ばれる山羊の毛で織られた不思議な毛織物の存在がある。
これを最初に見つけたのは、イラン北部のタブリーズからトルコ東部へ抜けようとマクーという町に立ち寄った時である。町の小さなバザールの片隅に捨てられるように丸めて置いてあった、Siirtはてっきり黒い毛皮の動物がうずくまっているのかと思ったほど、プリミティブなものであった。

広げてみると、実に軽くてしなやかな毛織物であるという事が解った。シャギーのように長い毛房があるので、最初はパイル構造(絨毯織り)だと思っていたのだが、良く観てみると、細い木綿の経糸に、細長い繊維の毛房を、単純にからげてあるだけという実にシンプルなもので、構造的にはキリム(綴れ織り)の仲間に入る。ただ、まさに毛皮のような存在感はとうていキリムと呼びにくいのだが・・・。

この毛皮のような存在感は、山羊の毛(黒山羊)をそのままて手で紡ぎ、アザミの棘のような道具で、くしけづって、細い毛をそのままに引き出していくというような、技法という事になるらしい。
実際にはとても軽くて、暖かく山羊の毛とは思えないほど肌触りも気持ちがいい。
2月の終わりで、雪の日も多かったその時の旅では、安宿で暖房もあまり聞かない部屋では大変に重宝したことを覚えている。旅の途中で風邪をひいてしまい、このSiirtを被って寝た事もあって、益々気に入ったものになっていった。
a0051903_19231620.jpg

                なかには白・黒だけではないキャメル色のものもある。
                   もちろんこれはラクダの毛で織られている。

寒い時に助けられた事もあって、長い間トルコ東部~北西イランのものかと思っていたのだが、
イラン人の部族じゅうたん研究家、パルビズ・タナボリ氏の最新の本。『Persian Flatweaves』によると、なんとこのSiirtの生産地はイランでも最も暑いフーゼスタン地方となっていた。これにはさすがに驚いて内容を読んでみると、イランイラクの国境付近のショシュタール族によって織られたとされている。
ちなみにSiirtととは、トルコ南東部の地方の名前でありタナボリ氏の本にもほぼ同じようなものが東トルコのモノという説明もある。またフーゼスタン(Ahvas)の南では1960年ころでほぼ終わってしまったともあるのだが・・・。



a0051903_19303840.jpga0051903_19405588.jpgそういわれてみると、このSiirtに使われている
素材は、羊毛以外のものなのである。
白・黒山羊そしてラクダの毛これはもしかして暑すぎて羊が住めないような地域の人たちが羊毛の代わりに山羊などの毛を使って作り上げた敷物なのだろうか?などという考えも浮かんでくる。
そうするとこの白山羊の毛織物などは、実に涼しげに見えてくる。(そんなことはないか?)





やはり部族の毛織物には謎が多く、だから面白いのかも知れないとまた思うのでした・・・。
[PR]
by caffetribe | 2006-10-11 19:44 | 展示会あれこれ
生成り羊毛、黒山羊毛、白山羊毛、そしてラクダの毛など自然の恵みそのままの色の毛織物を集めて展示しています。

a0051903_18403913.jpg


これら素材そのままの色の毛織物は遊牧民にキリムや絨毯にとってはいがいと数が少ない。
なぜならこの地域の土の色はまさにカーキ色(ペルシア語で土の意味)なので、それらの色がバックの自然に映えないということもあるだろうし、遊牧民や先住民などの人々は根っから派手派手な明るい色を好むという事もありそうだ。

ジョン・トンプソン氏の「Carpet Magic」にもそのあたりが、一般的に教育をあまり受けていない人々は、鈍いくすんだ色よりも、澄んだはっきりとした色を好む傾向があると記されている。
教育を受けていない部分は多少疑問を感じるが、確かそういう傾向はありそうである。

例えばキリム(平織り)の場合は、アフガニスタンのハザラ族に時々この自然色だけで織られたモノを見つけることが出来る。
a0051903_18444192.jpg

このハザラ族はほとんど日本人といってもいいようなモンゴル系で、アフガニスタンのなかでは宗教的にもシーア派という少数なことから、常に弾圧やいじめを受けるという事が多いようだが
日本人に近い感性を持っているのではないかという気がする時がある、そのひとつがこの自然色だけを使ったキリムである。

それ以外では、アナトリア東部のトッルもしくはジュルと呼ばれるシャギーのような毛足の長いパイル。(絨毯)これも近年とても少なくなっているようだ。
a0051903_1964490.jpg


そしてイランザクロス山脈の山岳遊牧民族のギャッべ。
これは20年ほど前にスイス人絨毯収集家、ジョージ・ボーネット氏により最初の収集がはじまり。これまでのクラシックな絨毯(アラベスク文様)とは対照的なプリミティブなヴィジュアルアートのような感覚が当時のコンテンポラリーアートがもてはやされ始めた欧米で大ブレイクし、現在のギャッベブームに至ったようだが、初期のオリジナル(山岳遊牧民の敷布団用)ギャッベに染めていない羊毛や山羊毛が使われていた。

最近はすっかりZ社製の商業的生産のものばかりになってしまったが・・・。

そしてこのブログでも何度か紹介したアフガニスタンの山岳部族タイマニ族の絨毯にも時々このナチュラルカラーだけを使ったものが観られる。

a0051903_1955175.jpg

これはお祈り用のものだが、ラクダの毛、黒白の羊毛だけで織られた素朴なものである。
[PR]
by caffetribe | 2006-10-10 19:09 | 展示会あれこれ
昨晩東急bunkamuraシアターコクーンにて、「フェスティバルコンダ・ロータ2006」のラマダンの夜、諏訪市に続いてオリエントの音楽の最高峰達による演奏が行われた。

まずはパキスタンのファイズ・アリー・ファイズによるイスラム宗教歌謡「カワッーリ」で幕をあけ、続いてはイランの古典的楽器「カマンチェ」の名手カイハン・カルホールとサントゥールの競演が行われた。作曲家としても有名なカルホールならではの独自のアレンジによる即興演奏は、あるときは前衛的、あるときはペルシアの古典音楽を継承するという調和と混沌、静寂と喧騒などペルシア的二元的世界観が交差するスリリングなものでした。
a0051903_19193070.jpg

一時間にも亘るパフォーマンス中、幻想的迷宮に引き込まれました。
改めてイラン的世界の奥深さと、精神性の高さに興奮と感動を覚えました。

a0051903_19204610.jpg
演奏中はずうっと正座姿勢のまま、ストイックにカマンチェを擁くように音を紡ぐカルホールは、スーフィの修行僧ダルビシュのようでした。
時には弓を手放し、ギターのように直接弦を爪弾く奏法も取り入れるあたり、現代音楽や世界的に知られた東西の音楽家達との交流もあるカルホールならではのものだあるのかもしれまん。

このコンサートのパンフレットにもヨーヨー・マが音楽監督をつとめた、新シルコロードの演奏にも参加していたとありました。

カマンチェという楽器の持つ自在な音色を最大限に生かした演奏方は、聞くものの内面的世界に入り込み、精神の奥底にある泉をあるときは波立たせ、あるときは鎮める響きを持っていたように感じました。


a0051903_19453355.jpg
   
 



演奏を聞いている間、イランの歴史の奥深さとそれが現代でにも脈々と息づいていることを感じていました。アケメネス朝ペルシアから2500年の時間が演奏の間中、シンクロにティのように
リンクして時には激しく時には静かに、言い古された言葉ですが悠久というものを感じました。

まさに、彼のカマンチェから光が発せられるようでした。




a0051903_1952179.jpg


ペルシア音楽には欠かせないサントゥールとのからみが、この演奏の最大の魅力でした。
若手ながらシアマック・アガイエ氏の究極ともいえる演奏と二人の呼吸のよさ、即興のかけひきは、目を閉ると何十人ものオーケストラから発せられる迫力と重厚さでした。

大いなる伝統と洗練、静と動、闇と光、二元的世界に酔いしれた夜でした。

photo by http://smashingmag.com hanasan
[PR]
by caffetribe | 2006-10-03 20:06