ブログトップ

部族の絨毯と布 caffetribe

caffetribe.exblog.jp

部族の絨毯と布

カテゴリ:じゅうたん会議( 8 )

だいぶ暑くなって来ました。
京都の祇園祭りもそろそろクライマックスの山鉾巡行が17日夜に行われるようです。
8年ほど前に出かけたのですが、その時は奇しくも台風が近づいてきているという不安定な状況でしたが、今年2009年は天気はよさそうです。でも今頃の京都の町はさぞかしホットなことでしょう。

a0051903_1258273.jpg

                  ≪月鉾 巡行≫ 写真 HALIマガシンより引用

祇園祭りの縣装品にかなり古い絨毯が飾られているという事を知ったのは15年ほど前のことです。
最初で最後かもしれない規模の絨毯展が大阪の民族学博物館で行なわれました。
アルダビルカーペットやペッゾーリの狩猟文絨毯など‥、現存では世界最高レベルの絨毯が数多く並んだ、信じられない展示会でした。
この中で負けず劣らない絨毯が、この祇園祭の山鉾に掛けられた縣装品としての古渡り絨毯でした。それらは、ムガール時代のインド産やペルシア最盛期の逸品といわれる通称ポロネーズ絨毯などで、世界でも数点しか残っていない貴重なものばかりでした。

a0051903_1343682.jpg

                  ≪月鉾 17世紀 ムガール絨毯  前掛≫

この絨毯が海外の研究者などにも、最も高く評価された月鉾の前飾りのムガール朝時代に織られたと
思われる絨毯です。これ以外にも油天神山・岩戸山・函谷・北観音山・鶏・長刀・放下・南観音山など
山・鉾にオリエント地域で織られたと思われる絨毯が飾られ、その数は30枚にも。

a0051903_13115957.jpg


a0051903_13121570.jpg

             ≪山鉾左右の懸装品 胴掛 ≫
山・鉾の前後左右に飾られる絨毯はゴブラン織りや綴れ錦などと並んで、伝統的にもかなり古くから祇園祭に登場しているようだ。
ちなみに北観音山の絨毯は、ペルシア文化の影響の濃いムガール朝時代のインド産のものが多く、美しい建造物や染織文化の花開いたムガールならではの、華やかさをもってる。
ムガール朝絨毯はパキスタンのラホールなどが中心産地で、今もラホールでは絨毯織りの伝統はしっかり残っている。
ただこの絨毯達も日本では長い間、ペルシア絨毯(イラン製)と思われていたようである。これらの絨毯の多くがペルシア絨毯ではなく、ムガールのものだということがわかったのは、比較的新しくアメリカのメトロポリタン美術館の研究チームが調査を行い、有名な絨毯達がムガール時代のインドで織られたことがわかったようだ。この研究チームのリーダーは当時メトロポリタン美術館の東洋染織研究のトップであった梶谷宣子先生という京都在住の研究者であったことも面白い事実である。
これだけまとまった数のムガール朝の絨毯がほぼ完璧な状態で保存されていたということは逆にとても珍しく貴重な所蔵品としての価値は高く評価されたようだ。
a0051903_13254010.jpg

                    ≪ムガール朝絨毯 北観音山 後掛 17世紀末≫
驚くのは、これら絨毯文化の最盛期に織られた絨毯がほぼ完璧な状態で保存されていることである。
祇園祭を訪れた際、無理を言って懸装品が保存してある蔵を見学させて頂いたのだが、絨毯を保管するために絨毯が折れ曲がらないような大きさの特注の桐箱が作られその中に、吊るしてしまうという気の使いようにさすが日本人の細やかさと納得したことを憶えています。
このような心使いがあったからこそ、高温多湿な日本でもこれらの絨毯や懸装品が状態良く残っていたわけで、海外での評価も上がったといえそうだ。イギリスの絨毯研究紙「HALI」マガシンも1994年に取材に来て月鉾の絨毯はその表紙を飾っていました。
a0051903_13374485.jpg

                    ≪放下鉾保存 胴掛 17世紀前半≫
この絨毯は以前紹介した「ヘラティ文様」の源流のようなモチーフが織り込まれている。絨毯中央部にある中心柄を囲むように4枚の葉のようなモチーフが見える。

世界でも貴重といわれるムガール絨毯が日本に、これほど多く残っているのはどうしてなのか?
日本に於ける数少ない絨毯研究者の杉村棟氏は、「絨毯=シルクロードの華=」のなかで、江戸期の日本が
東インド会社などを通じて西方諸国と海上貿易をしていたのではないか?という見解を述べられています。
実際にこれらの絨毯の年代を特定する際にも、これら飾り物の寄進、購入、補修などの明細が記入されている寄進帳に記された年代が大きな証拠となったこともあげられています。

この暑さを感じると、祇園祭を思い出し、この暑さのなかしか見られない貴重なアンティーク絨毯に思いが馳せます。
by caffetribe | 2009-07-16 13:34 | じゅうたん会議
Juerg Rageth氏はこの壁画の中ソグド人男性の民族衣装に注目しその衣装の襟や袖の縁の部分にみられるナシジ(織金錦)の文様がサロールのメインカーペットのボーダーに大変似ていることを発見し、その類似性について 歴史的時代背景などと併せて検証していた。

 
a0051903_16472295.jpg

金糸入り 男性用衣装。ウズベキスタン
この衣装では少し解りにくいが、右側のサロール絨毯の左ボーダーと衣装の前襟が似ているというものだ。

a0051903_16485649.jpg
a0051903_16493159.jpg

サロール絨毯の部分
 
彼の持ってきていた資料は実際の壁画であり、描かれていたのは当時の衣装であった。上の新しい衣装よりももっとそっくりであったことは確かである。トルクメン絨毯の中でも特にメインカーペットと呼ばれる大型の敷物が稀少で世界に数点しかないといわれるサロールだが、少々珍しいフォ-マットとなっている。

他のトルクメンのメインカーペットと比べて明らかにボーダーが狭くシンプルである。
アフガンのトルクメンなどは何十にもボーダーを張り巡らせるものもあるのだがサロールのメインカーペットは細くあっさりしている。

a0051903_16563525.jpg

サロール族のメインカーペットまたサロール族の大変美しいジュワルと呼ばれる大型の袋物に表現されるギュルについても考察もあった

  
a0051903_16592370.jpg

サロールジュワル19世紀 パイルこのギュルがサロールのジュワル(大型の袋物)などに使われるものである。ここで資料はないがこのバランスの取れたサロールギュルと古代のソグト錦(別名サンダニージ錦)にあった文様との比較も行っていた。

ソグト錦に描かれた文様をこのギュルの上にフォーカスすると見事に上下左右が一致して、見ていた多くのトルクメンマニアから歓声が上がっていた。

同時にこの鮮やかな赤の色を化学分析していて、これまで我々が思っていたケルメスやコチニールではなく、インドや東南アジアでよく用いられるラックという虫の色が使われていたであろうという分析も行っていた。
 
このラックについてはヒンヅークシュ山脈の南側を回ってきたのではと想像される。
インドのサリーはもちろんチベットの僧衣、キラやゴなどの民族衣装で有名なブータンの古いものもこのラック染めされていたようだ。
    
このサロールギュルを彼の言うようにサダグギュルと呼ぶかどうかは別にして 彼のセッションは、多くのトルクメン絨毯ファンを喜ばせていた。

衣装は『偉大なるシルクロードの遺産』の図録からの引用
トルクメン絨毯は1993年サザビーズオークションカタログよりJ.Tompson Collection
by caffetribe | 2007-10-16 17:03 | じゅうたん会議
引き続き部族絨毯の東の正横綱ともいえる、トルクメン絨毯に関しての最新研究を報告します。

ICOC国際じゅうたん会議のアカデミックセッション(学術調査報告)の初日の2時間目に行われた授業からのレポートです。 【 セッション 1-2】
Juerg Rageth氏による講演
Juerg Rageth氏のプロフィール
スイス在住で大学や美術館等の組織に属していないオリエンタルカーペット&テキスタイルの研究者。
自然染料の分析と放射性炭素による年代測定が専門で、1995年以降ICOCなどを含め多くの専門誌や研究機関などに調査研究を発表している。特にトルクメン絨毯の科学的分析や考古学的文様研究に詳しい。

【From Saqdak to Salor】 ( ソグトからサロールへ)
内容はElena Tsareva女史によるセッション1のアムダリア川中流域の トルクメンを引き継ぐ内容で、新しい事実や2枚の写真を合成する画期的なプレゼンテーションに会場は盛り上がっていた。

『Saqdak to Salor』のSaqdakとは聞きなれない言葉であるがソグド人の古代的言いまわしのようであった。
要はトルクメンのサロール支族の絨毯とソグド人=ソグド文化と関連性についての研究発表で、多くのトルクメンマニアの憧れであるサロール絨毯へのオマージュという内容であった。

この発表は大うけで、今年の8月にもアメリカのワシントンD.C.のテキスタイル美術館で展示されていた『トルクメンテントベルト』の関連講演でも、Juerg Rageth氏はほぼ同じ内容の 『From Saqdak to Salor』のセッションを行っている。

科学的分析を得意とするJuerg Rageth氏による歴史的根拠あふれる調査報告は非常に納得できる部分も多くヴィジュアルも豊富でとても解りやすくワシントンなども含め世界各地の絨毯好きの集まるグループに引っ張りだこの様子である。

古代飛鳥時代の日本にも関連の深いソグト人とは何者なのか?・・・・。
ペルシア系の商人として有名な彼らは、6世紀~12世紀には中央アジアを舞台にチュルク系の政治的権力を背景にシルクロード商人として大活躍したことも良く知られている。
現在のタジキスタンのペンジケント周辺を中心に東西南北の様々な部族や民族と商業的関係を結び、栄えたらしい。

このソグト人達はソグト錦またはペルシア錦と呼ばれる絹織物を大切な宝物として世の東西に伝えた。
歴史的発見となったトルファンにおけるスタイン発掘の収集品の中には

*『仏教経典を包むための「経帙」と呼ばれる絹製の包みが数多くあり一部の経帙の縁取りには連珠対獅子文ソグド錦が使われていたとある。また、ペルシアのナシジ(織金錦)は貴重で容易に織ることは できず、元の皇帝の龍袍といえども襟と袖の縁にわずかに用いられるのみで、『元史』百官志にも「領袖納失失」と言われている。ソグドのザンダニージー錦も当時はかなり貴重で、そのため、経帙の縁取りにのみ使われたのである。』  ~林梅村著より~

   
a0051903_12301250.jpg

=シルクロードのソグド錦 連珠獅子文様=

ソグド人の錦の中に見られるモチーフをサロールの絨毯と重ね合わせることで
トルクメン絨毯のなかでも完成度が高く気品のあるサロール絨毯の歴史的な背景と両者に繋がるモチーフをリンクさせていた。
    
現タジキスタンのペンジケントには、日本人考古学者もたくさん研究に関わっておりその中でも先駆者である加藤九祚さんが特に有名である。

昨年日本にも来ていた『偉大なるシルクロードの遺産展』にもはるばるペンジケントより素晴らしい壁画が来ていた。

a0051903_1244797.jpg

タジキスタン ペンジケント 壁画 (偉大なるシルクロードの遺産展より)

《参考資料》
ICOC11 ISTANBUL カタログからの引用
『偉大なるシルクロードの遺産展』 図録
林梅村著 『シルクロード錦研究』 
by caffetribe | 2007-10-11 12:04 | じゅうたん会議
トルクメンの絨毯に関しては世界ではかなりの研究が進んでいる。
4月のICOC(国際会議)においてもその研究の奥深さには驚かされた。ほんの一部ではあるがここで紹介したい。

  アカデミックセッション1-1 中央アジアについて チェアDennis Dodds

Elena Tsareva女史による ( アムダリア川周辺のトルクメンに関して)

【Elena Tsarevaさんのプロフィール】
現在はロシアのセントペテルグブルブ州立大学の東洋研究部門に在籍 しているが、中央アジア特にトルクメン絨毯研究の専門家の一人としてとしてこれまでに数々の国際会議、展示会などにおいてトルクメン族や中央アジア絨毯について、考古学的分野から貴重な発表を行っている。

特に有名なのが、1988年にレニングラードで行われた中央アジアの絨毯に関する国際会議において、大変に貴重な30点のS.M.DUDIN氏コレクショのトルクメン絨毯をサブトライブ(支族)に分類し 素材や技法などについても詳細に分析し世に知らしめたことである。
研究会ではトルクメン研究では世界に知られたワシントンのTEXTILE MUSEUMの研究者
やJON・THOMPSON氏などとの交流もはかられた。
冷戦時代の米ソの関係を絨毯研究という学術的業績が、東西の対話を促したともいえる。


セッションのメインテーマは
『中部アムダリア川絨毯のグループ分類とバクトリアの伝統芸術について』

アムダリア川中央地域に半定住する小さなトルクメン族支族の織る絨毯とクシャン時代またサカ族のテリトリーでもあったバクトリア王国などとの関連についての研究発表。
紀元前3世紀頃からこの地域にはかなり高度な文明が存在していた。
現在はベシールとして知られている絨毯は別名『ヴォルダリーク』とも呼ばれていて当時のクシャン・バクトリア時代の考古学的資料が現在に見られる絨毯のデザインと
共通点がおおいことが指摘された。

 例えば出土した土器などのモチーフが現在のある種の絨毯と類似性が見て取れる。
    
a0051903_1435496.jpg


    
a0051903_14365483.jpg


上の二つの土器は紀元前3世紀頃カラテベから出土かの出土したものである。

     
a0051903_1442675.jpg
  
    
a0051903_14425247.jpg
  

上の時代の土器と下のベシール系絨毯のモチーフの類似は、Elenaさん以外のロシア人研究家も指摘している。当時からこの地域は東西の有力部族や民族の行きかうところ場所であり、様々な技術や文様が伝わったと考えられる。

この地域を昔からテリトリーにしてきたトルクメン族の伝統的基層文化=絨毯文様に、西からはペルシアの文化を運ぶソクド人東からは仏教を携えたクシャン文化などが大きな
影響を及ばしたのではないかと考えられているようだ。
        
クシャンといえば仏教美術でも知られるがトルクメンの絨毯に仏教的な影響があるのではなどと想像力を膨らませられた刺激的な内容であった。
  
《参考文献》
プロフィールなどはICOC11のカタログより。
2点の土器はA.BELENITSKY CRNTRAL ASIA  より。
by caffetribe | 2007-09-29 14:46 | じゅうたん会議
手元に1997年発行の『遊牧民に魅せられて』~松島コレクションの染織と装身具~という本がある。
文化学園服飾博物館で行われた展示会の図録であるが今では彼女を知る数少ない資料のひとつである。

もう一冊は1985年に渋谷の松涛美術館で行われた 『中近東遊牧民の染織』という展覧会の図録である。しかし、現在では両方ともに廃盤となっていて入手がかなり難しくなっている。
彼女はご主人がWHOのお医者さんという環境で、ご主人と一緒に世界各地とくに辺境地域を廻るうちに、キリムと出会いそれがきっかけでどっぷりこの世界にはまってしまったらしい。
a0051903_17282040.jpg

     南イラクにて 1985年

この写真にもあるように、最初はご主人の仕事先に一緒に同行していたらしいがそのうちには自分ひとりで、アフガニスタンなどにも入り現地の遊牧民と直接交渉し素晴らしいキリム、民族衣装、アクセサリーなどを収集したようだ。
 
 このところはかなり行くとの難しい、イラク、アフガニスタン南部なども積極的に廻り、彼女自身危ない目にはあったことがないといっていただけにインドの事故は非常にショッキングであった。

キリムや衣装の収集と共に、フィールドワークおよび写真も素晴らしい。
文化学院服飾博物館では、同時に彼女の書き記したフィールドノートとイラストが展示されていたが、独特の遠近感が面白かった。
        
a0051903_17353410.jpg

これはアフガニスタン~パキスタン西部のブーラーフィー族のテントの中だそうだが遊牧民の生活の特徴が出ているように思う。

a0051903_17373634.jpg


これは同じブーラーフィー族のテントの内部。
彼女は得意の踊りをコミニュケーションの道具として、彼らと親密になっていったようであるが、すごい好奇心と行動力である。

ちなみに彼女は秋田県の出身で私と同郷である。

《参考文献》
*写真およびイラストは『遊牧民に魅せられて』~松島コレクションの染織と装身具
      文化学園服飾博物館出版からの引用です。
by caffetribe | 2007-09-20 17:41 | じゅうたん会議
遊牧民の絨毯やキリムにほぼ同時期に魅せられ、世界各地を旅した二人の女性を紹介したい。
一人は今年の初めに亡くなった、Josephine Powell。彼女は最後まで冒険的で、生涯が旅の途中であったような人生を送ったといわれている。彼女は世界的に名の知れたカメラマンでもあった。

もう一人はインドのグジャラート州での旅の途中、バスの交通事故で69歳という生涯を終えた松島きよえさん。
彼女は生前『遊牧民研究家』という肩書きを持っておられたらしいが、先端的な創作ダンスを身に着けた舞踏家であった。

生前の二人を良く知る人達はから聞けば、二人とも大変個性的で遠くからでもすぐにわかる強いオーラのようなものを発していたらしい。そうとう個性的であったらしい・・・。

まずは、今年のICOCイスタンブールでも大きく取り上げられ、彼女の残した膨大な写真とキリムそしてそれにともなう遊牧民の民芸品の展示から紹介させていただきたい。
a0051903_18113726.jpg


彼女自ら『 THE KILIM BUG』(キリム狂)と呼んでいたように、遊牧民とその暮らしぶり、そして彼女達の織るキリムにどっぷりとつかり、相当な時間を遊牧民と共に費やしていたようだ。
いつもタバコを手放さないチェーンスモーカーの彼女は、一般人=定住者にはあまり興味を示さなかったようで、インタビューなどでも時として人を煙に巻くような対応だったようだ。

a0051903_1819467.jpg


それまでは、Jon・Thompson氏の本などで彼女の写真を知らずに見ていたのだが、イスタンブールのスイスホテルの会場には彼女の、知られざる多くの写真が展示してあった。
その中で特に印象に残ったのが幾つかのモノクロの写真であり、おそらく50年以上前のアフガニスタンの風景や遊牧民、そして石仏などの写真であった。
上の写真はおそらくタイマニ族と思われる・・・。
by caffetribe | 2007-09-17 18:25 | じゅうたん会議
 『エリアーデから貰ったものはたいへん大きいものだった。なにしろ神と観念技術と
祭祀の発生をめぐっている。もう一人、まったく同時期に同じく大きいものを貰った相
手がいた。折口信夫だ。西のエリアーデ、東の折口とでもいえばいいだろうか。』
と松岡正剛氏が彼のブログ 『千夜千冊』のなかで述べているように、祈祷用絨毯に
籠められた象徴的モチーフを考える上で東の折口信夫はその本質を知る人かも知
れない。

折口は神が寄り来る装置として『よりしろ』という観念を繰り返しの述べている。
民俗学的フィールドワークの中で、京都の祇園祭の山鉾修験道の儀礼にみられる
梵天、花祭りの幣束、節句の幟、盂蘭盆の灯篭などにい至るまでの、その起源を
『よりしろ』に求めている。

祈祷用絨毯に見られるモチーフは実に様々であり、先に紹介したひじょうになまで
に荘厳なTuduc's Coupled-Colum Prayer Rugに見られるような、その民族に
とっての集団的アイデンティティーそのものを表すような完成度の高いものから、
タイマニ族の祈祷用ラグに見られる実にシンプルなものまで幅広い。
a0051903_19571633.jpg

この実にシンプルなプレイヤーラグは、Fさんが度々紹介しているエンシ
(テントのドアーラグ)なのか祈祷用絨毯なのかそれともギャベのような敷物なのか
解らないほど、おおらかである。

我々日本人が『よりしろ』としてきたものも実に多様であり、荘厳な祇園の山鉾と
弊束に注連縄という実にシンプルなもに神は表れると信じられてきた。
あるときは樹であり、石であり、紙であり・・・と。
a0051903_2072843.jpg


ここで紹介する祈祷用絨毯はほんの一部であり、コーカサスやペルシアの
宮廷用ミフラーブなど実に多様で素晴らしい絨毯が存在している。
by caffetribe | 2007-07-03 19:39 | じゅうたん会議
ICOC(国際じゅうたん会議)では、55のアカデミックセッションが行われ、
そのどれもが絨毯好きにとっては魅力的な内容であった。

イスタンブールのスイスホテルの2つの会場で平行して、朝の9時から
午後5時20分までほとんど休み無く続けられたが、中でも幾つかの
研究発表は大変に興味深いものであった。

会議3日目4月21日の午後14時45分から行われたルーマニアの国立
美術館の研究者Mircea Dunca氏とLuiza Gherghinescu女史による
『ルーマニアの国立美術館所蔵のTuducs Coupled-colum Prayer 
Rugの断片(Fragment)のオリジナルデザインの視覚的復元について』
というものだった。

このTuducs Coupled-colum Prayer Rugの断片(Fragment)絨毯は
左側中央から下部のみが残る、17世紀頃の寺院の柱とミフラーブが表現された
トランシルベニアンラグなどと共通する宗教的な意味合いに強い祈祷用絨毯である。

a0051903_19512043.jpg

【左側がその絨毯の全体で右側は拡大写真】

祈祷用絨毯や庭園絨毯においての専門的研究者であるMircea Dunca氏はL
uiza  Gherghinescu女史と共にブスカーニコレクションなどの数少ない資料
から、Tuducs Coupled-colum Prayer Rugの完全な復元を試みる。
そしてその祈祷用絨毯から現れたのが、アルメニアやユダヤの人々にとっては
命より大切な『神の現れ』を表す象徴であった。
a0051903_19495367.jpg

【写真上が復元した図案】

この発表のあとで会場がにわかに盛り上がり、数人からこの象徴的文様について
の質問とこの絨毯の再現に関しての賞賛の拍手があった。

ある老人が早口のトルコ語で幾つかの質問をしていたが、良く意味が解らずぽかん
としていたら、帰り際にそのいかにもユダヤ人と思われる白髪の老人が私の前で、
『This symbol is very important!.It is our Epiphany』とコメントを残して
くれた。

彼の質問の意味は良く理解できなかったが、この『エピファニー』という言葉を聞いた
とたん背筋を走る衝撃のようなものがあった。
そうやはりルーマニアのブカレスト出身のアカデミズムの巨人ミルチャ.エリアーデ
を思い出した。
『神の公現』
この祈祷用絨毯に籠められた思いと、なぜこの部分が削り取られるように破損して
いたのかなどが、頭の中を駆け巡り、しばし呆然としてしまった。
17世紀のエスファハンでアルメニア人達が織ったのではないのかなどなど・・・。

この絨毯を復元させたMircea Dunca氏とLuiza Gherghinescu女史には前日
のディーラーズフェアで偶然にある素晴らしいフエルトの作品の前で意気投合し
名刺を頂き彼らがブカレストから来たアルメニア人であることを知っていたで、なおさら
その感傷は深かった。
by caffetribe | 2007-07-02 20:04 | じゅうたん会議